Eat Sleep Play‼︎ クウネルアソブ

幼馴染サークル「クウネルアソブ」のブログです。個々の趣味やサークル活動などなどの雑記ブログです。

【Bluetooth】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ5選【コスパ重視!】

f:id:maayan7v7:20200816103023j:plain

 こんにちは!今回の記事はおすすめの完全ワイヤレスイヤホンの紹介と見るべき点をまとめてみました!

 

 

完全ワイヤレスイヤホンとは?

 完全ワイヤレスとは、その名の通り左右のイヤホンがコードに接がれておらず、独立したBluetoothイヤホンのことです。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方

対応コーデック

 製品説明に記載されている主な対応コーデックは以下の表を参考にして選んでもらえればと思います。

f:id:maayan7v7:20200816113759j:plain

AAC

 iPhoneに対応しているコーデックです。安いイヤホンでも対応している物もあります。

aptx

 Androidに主に対応しているコーデックです。スマートフォンだけで無くタブレットやオーディオプレイヤーにもおすすめです!

 

接続の安定性

 Bluetooth

   完全ワイヤレスイヤホンのデメリットは、使用する環境などで機器との接続が不安定になることがあります。音楽再生中に左右の音が途切れてしまうことなど・・・。

最新のモデルでは、Qualcomm(クアルコム)製のチップを搭載していることが多く、接続が安定しやすくなりました。

 

製品パッケージに記載していない物や公開していないイヤホンもありますが、Bluetoothのバージョンが5.0以降の機種であれば安定しやすい傾向があります。

 

装着感(フィット感)

 製品にはイヤーピースが付属していますが、耳の大きさは人それぞれです。デザインなど気に入ったイヤホンでも耳にフィットしなければ、不意に落として紛失してしまうこともあります。

店頭で試着してみて、合わなければフック状のパーツも売っていたりするので、そのパーツの購入をおすすめします。

 

再生時間(バッテリーの持続時間)

 イヤホン本体、イヤホンを収納するケース(バッテリーケース)には、それぞれバッテリーが内蔵されています。イヤホンだけでどのくらいの時間使えるのか、またバッテリーケースで充電してどれ程持続するのかも使用頻度によって見るべき点です。

 

他機能

ノイズキャンセリング

 周囲の元の音波に対して逆位相の音波を当てて、周囲の騒音を消して音楽や通話をストレス無く集中して聞ける機能です。イヤホン全てに搭載されているわけでは無く、ハイエンドの上位機種に搭載されている物が多いです。ノイズキャンセリング機能にも種類があるので、最近では安いワイヤレスイヤホンにも搭載されている物が増えてきました。

防水

 スポーツや外出時に使うことが多い人におすすめの機能です。IPX5以上や防滴性能を搭載しているイヤホンであれば、日常生活で使用するのは問題ないと思います。

Google AssistantやSiri対応

 あまりイヤホン装着しながら使っている人を見たことは多くないですが、装着したまま「Hey!Siri」や「OK!Google」と話しかけて検索などを利用できる製品もあります。

 

1万円以下で買える完全ワイヤレスイヤホンおすすめ5選

第5位 TaoTronics Sound Liberty 53

 第5位はTaoTronics Sound Liberty 53です。この機種のTaoTronicsというメーカーは聞きなれないと思いますが、株式会社SUNVALLEY JAPANが運営する家電・オーディオブランドです。オーディオ製品のユーザー目線での改良・改善が多いので筆者が好きなブランドのひとつです。瞬間ペアリング機能があるので、1度接続したデバイスとはケースから開けた時点ですぐに接続できます。また防水性能だけで無く、片耳・両耳利用もできiPhoneのAACコーデックにも対応しています。実際使っているのですが、遅延も少ないのでWindowsパソコンでの動画視聴やZoomなどのテレワークにもおすすめです。

製品自体も5,000円ほどで購入できるのでコスパにも優れています。

 

第4位 Anker Soundcore Life P2

 第4位はAnker Soundcore Life P2です。5,000円台で購入できるイヤホンでIPX7の防止機能があります。cVc8.0のノイズキャンセリングを搭載しているのと、イヤホンにそれぞれマイクが2つ付いているので、外での通話でも相手に声がハッキリ聞こえます。(仕事で使っている時にそう言われました)

aptX対応なので、CDで聞いているように遅延が少なく高音質で聴けます。

 

第3位 Anker Soundcore Liberty Neo

 第3位はAnker Soundcore Liberty Neoです。カナル型では無く、ほとんどの方がイメージする完全ワイヤレスイヤホンの形状です。IPX7の防水性能とBluetooth5.0に対応。イヤホン単体で最大5時間、付属する充電ケースと合わせると最大20時間の持続時間です。イヤホン自体のバッテリー残量はペアリング中のiOSデバイス(iOS6以上のiPhone、iPad)から確認することも可能です。使用感では低音が強い印象でした。

 

第2位 JPRiDE TWS-520

 JPRiDEはオンラインショッピングサイトで様々な賞を受賞している企業です。その企業の中でもスタンダードモデルで、デザイン性が高いのと性能のバランスが取れているのでこの順位となりました。

防水性能はIPX5までなので日常生活で使うには十分です。Bluetooth5.0に対応、さらに音声アシスタント機能も搭載しています。耳につけたままイヤホンを触って再生や一時停止などができる機能もあります。

音漏れが少ないですが、音源コーデックの原音をそのまま伝送するので、再生する形式によっては音圧は弱いと思います。

 

第1位 Anker Soundcore Liberty Air2

 おすすめ第1位はAnker Soundcore Liberty Air 2です。モバイルバッテリーなどで有名な企業なだけあり、この製品はイヤホン単体で最大7時間、充電ケースも含めると最大28時間という持続時間。防水性能はIPX5でcVc8.0のノイズキャンセリングも搭載しているのでクリアな音声通話も可能です。ワイヤレス充電にも対応しており、Qi対応の充電器に置くだけで充電も可能です。

珍しい機能にも対応していますが、ワイヤレス充電せずとも付属の充電ケーブルでも充電は可能です。※iPhone11シリーズだとiOSが旧バージョンだと一部機能が正常動作しないようです。

ワイヤレスイヤホンでは軽量のタイプなので、この製品を使うことが多いです。

 

※製品画像を押すと購入ページへ飛べます。

まとめ

 室内でも室外でも便利な完全ワイヤレスイヤホン

 実際に使ってみた感じも含めて、10,000円以下で買える完全ワイヤレスイヤホンをコスパ重視で紹介しました。音楽をメインで楽しみたい人にはあまり向いていないかも知れません。ただ、特にこだわりが無くイヤホンを付けている人にはケーブルから解放されるのがメリットになると思います!

ハイエンドまで求めていない方は、ここから完全ワイヤレスイヤホンを始めてみてはいかがでしょうか!

ではまた!