Eat Sleep Play‼︎ クウネルアソブ

幼馴染サークル「クウネルアソブ」のブログです。個々の趣味やサークル活動などなどの雑記ブログです。

7日後にクリアする(希望)The Last of Us

f:id:harequin:20200614003518p:plain

 

2020年6月19日って何の日か知っていますか?

そうなんです。The Last of Us Part Ⅱの発売日です!

ps3で発売されて、ps4でリマスター版が発売されたThe Last of Us の2作目。

主人公とその少女のその後を描いた作品がpart Ⅱなんです。

1作目は、

未知の感染症によって荒廃した世界を生き残る主人公の物語と言うアフターライフ系のゲームで、アクションよりもストーリーベースでまるで映画を見ているようなドラマティックな演出が、神ゲーとまで言われる人気作になりました。

ただ、ガリベスはこれぐらいしか語れません。

 

何故ならば、ガリベスは1作目をプレイしたことがありません!!

と、言うのもガリベスはホラーゲーム苦手、アクションゲーム苦手、洋物苦手とThe Last of Us とは正反対の世界線の人間なのです…

 

でもね、広告とかのThe Last of Us part Ⅱを見てると凄くプレイしたくなるじゃないですか?ホラーゲームはバイオハザード4〜6なら何とかできる。アクションもモンスターハンターなら何とかできる。洋物はウォーキング・デッドたかNetflixにより訓練中なので。

個々で考えると出来る!!

という考えのもとで遂に買ってしまった。

やってしまった…しかし、手に入れたからにはやるっきゃない!!

そして、私は修羅になる!

 

スタート!

f:id:harequin:20200613231309j:plain

優しい光が差し込んでいるはずなのに、朽ち果てた窓に生い茂る緑

シンプルがゆえに浮かんでしまう寂しさや殺伐とした印象

ジョエルとサラ親子の日常

f:id:harequin:20200614004019p:plain

主人公:「ジョエル」の娘「サラ」 との日常、ジョエルの誕生日にサラはお小遣いで買った時計をプレゼントします。彼らの日常はこの日で最後を迎えます。

誕生日が過ぎて間もない深夜に、叔父の「トミー」が焦りを隠せずにジョエルはどこだと、サラに電話がかかってくるのですが、途中通話が途切れます。

そして、静まりかえるはずの深夜なのに、胸騒ぎのするような違和感。

ジョエルを探して家を歩きまわっているとTVからは感染症によるパニックが起きているという報道。そして、遠くに見える炎と爆発音。警察車両のサイレンが違和感から何かが起こっているという確信へとつなげていきます。そして、ついにジョエルに出会えるのです。

襲い来る隣人

f:id:harequin:20200614004957p:plain

無事にジョエルに出会えたのですが、何やら慌てた様子。サラには「窓に近づくな」など警告を発してきます。まもなく窓には隣人が窓ガラスを破って家に侵入してきます。しかし、常軌を逸した様子でジョエルに襲い掛かりますが、ジョエルは躊躇うことなく彼を撃ち殺します。サラは状況を彼に尋ねるのですが、彼も何が起こっているのかわからない様子。トミーも合流して町を脱出しようと行動を共にします。

襲い掛かる人々

f:id:harequin:20200614005409p:plain

町を脱出しようとする親子達でした。途中荒れた町の中を走り、どうにかして抜け出す為に高速道路に乗ろうとします。しかし町から抜けだす為の道は封鎖の影響で渋滞しています。待っている間に人が人を襲う姿を発見します。隣人と同様に常軌を逸し、襲い掛かる人から逃げるのですが途中、事故に遭遇し車が大破します。車を廃棄して徒歩で逃げだすのですが、事故の影響でサラは足を怪我してしまいジョエルに抱きかかえられながらもなんとかトミーと脱出を図ります。

四面楚歌でもあきらめない

f:id:harequin:20200614005418p:plain

TVでも報道されていた感染の影響は拡大していき、家族を追い詰める人々。

話には応じず、狂ったように追いかけてきます。そして、襲い掛かってきます。徐々に追い込まれた家族。途中ジョエルとサムを逃がす為にトミーは人々を食い止めるために扉を抑えこもうとします。そして、二人に「先に行け」と言い残して残りました。

ここまででトミーは何度も親子を助けてきた彼。彼の存在なくして、親子の生還はなかった。ありがとうトミー。

親子の別れ

f:id:harequin:20200614005426p:plain

トミーと別れたジョエルとサム。脱出の為の高速道路は目前。それを追いかける人々にかまわず彼らは走る。走る。走る。

目標地点は目前というところで人々に追いつかれていまします。このままでは…というところで銃を持った軍関係者に助けられます。

これでようやく助かったと一息つかずに何やら無線で連絡を取っている軍人から不穏な空気が。

話が終わったところで二人に銃弾が放たれます。倒れたジョエルに再び銃口が向けられたところで軍人は銃撃を受けて倒れます。

 

「トミーー‼」

 

間一髪のところでトミーの銃弾が軍人を見事打ち抜きました。生きていたトミー。ありがとうトミー‼

ほっと一息をついたジョエルだが、サムの近くによると凶弾を受けていた。

「なんじゃこりゃぁぁぁ!!」

そして、サムは息を引き取り、ジョエルは失望の中で暗闇に堕ちた。

 

~完~

 

これからが本当の物語

ジョエルとサムとトミー。家族の時間は終わりを告げて、物語はさらに続く。

これからが本編だというのに、ここまででお腹いっぱい。何度手を止めそうになったか。やっぱりホラー耐性は観る専とプレイでは違いすぎる。冷静にプレイしたつもりでしたが、自分のプレイをみると結構声が入っていて冷静じゃなかったw

そんなガリベスとトミーの活躍動画もぜひご覧になっていただければと思います笑

2020年6月19日までに無事ガリベスはクリアする事ができるのか!?

youtu.be

 

次の記事はこちら

www.eatsleepplay.info