Eat Sleep Play‼︎ クウネルアソブ

幼馴染サークル「クウネルアソブ」のブログです。個々の趣味やサークル活動などなどの雑記ブログです。

【世界最速思考】OODAループ【意思決定】

f:id:harequin:20200523011315p:plain

この記事を読んでわかること

  1. OODAループについて
  2. PDCAサイクルとの違い
  3. OODAループの使い方

PDCAサイクルが組織向けの思考であればOODAループは個人向けの思考プロセスと言われます。最近は世界最強の思考なんて言われることもある、そんなOODAループは以前ご紹介したPDCAサイクルと合わせて理解し実践することで組織としてだけでなく個人としても最速思考を手に入れられるようになりたいですね。筆者もこの思考をつい最近知って実践しています。まだまだ成果という部分に直結している場面は少ないですが、着実に思考のビジョンが変わってきているのを実感します。このOODAループは仕事だけでなく日常生活など、どのような場面でも使える。そんな万能思考なので、是非この記事でOODAループの基本を知っていただければと思います。

OODAループとは

ジョン・ボイド氏(アメリカ合衆国の戦闘機操縦士であり、航空戦術家)が発明した意思決定方法がOODAループです。彼はどんなに不利な状況からであっても、40秒あれば形勢を逆転できたという逸話から「40秒ボイド」の異名を持っていました。そんな彼の強さの秘訣は、「行動に移す速さ」です。先の見えない状況の中でも迅速に意思決定し、行動に移す。これこそ彼が「40秒ボイド」と呼ばれる所以でした。彼は、軍を引退した後に人間の意思決定に関する研究に没頭し、その研究の末に作り上げたのがOODAループでした。

OODAループは、PDCAサイクルと同じように4つのステップに分かれています。そのステップは、「観察(Observe)」「方向付け・状況判断(Orient)」「意思決定(Decide)」「実行(Act)」の4つ。この4ステップのイニシャルから名付けられた「OODA」。「OODA」の読み方は、彼自らが「ウーダ」に決めました。

 

OODAループのステップ

f:id:harequin:20200523011851p:plain

O:観察(Observe)

OODAループの第1ステップではとにかく「観察」をします。単に「見る」ではなく「観る」という意味です。「情報の収集」という言葉がが適切かもしれません。このステップでやることは、自分の感情や置かれている状況、相手の行動や置かれている状況、環境、市場の動向、といった事実を幅広く集めることです。決して自分の行動や計画に固執してはいけません。自分を取り巻く情報(データ)を収集していきます。

 

O:方向付け・状況判断(Orient)

第2ステップである「方向付け・状況判断(Orient)」は、OODAループの中で最も重要なステップと言われます。このステップでは、自身の経験、文化の特徴、身体的特徴、歴史などと、観察によって手に入れたデータを統合・分析し、仮説を構築することになります。このステップが最も重要だと言われるのは、この仮説次第で最終的な行動が大きく異なります。

注意が必要なポイント

OODAループにおいて方向付け・状況判断(Orient)が成功したと判断するポイントは、「前回の誤った判断や他者の判断の誤りに気付くこと」といわれます。これは、PDCAサイクルと同じように1度回すことで成功を得られるものではありません。何度も回すことでゴールの達成へと近づきます。ですがそれは、毎回この段階で前回の判断の誤りに気付き、新たな仮説を基に次の行動を起こすことが前提となるからです。

D:意思決定(Decide)

この意思決定(Decide)のステップは、最終段階である「実行(ACT)」に向けてどんな行動をとるのかを決定します。この段階で何をするかを決定しますが、前段階では方向性しか決まっていないため、考えられる行動の選択肢は複数出てきます。そこで、効果的な意思決定のプロセスを3段階に分けます。

意思決定の3つのプロセス

1.夢や理想、目標を確認する

 自分もしくは組織がどうなりたいのかを確認。

2.選択肢のリストアップ

 1.に対して考えられる行動をなるべく多く出す。

3.一番効果的と考えられるものを方向性に沿い選択。

 1.と2.を照らし合わせ、最も効果的と考えられるものを決定。

このプロセスを踏むことで、意思決定をスムーズに進められます。

A:実行(Act)

最後の実行(Act)のステップです。意思決定(Decide)のステップで決めた行動を実践。このステップは終わったままにせず、その後に次のOODAループを始めます

次の観察のステップでは、実行したことによる変化を観察します。

変化の有無・大小に関わらず、その観察で得たデータは新たな仮説の構築する材料になります。その為、1回転目のループを終えてから次のループを始めるにあたり大切なことは、結果に感情を交えて左右されないこと。成功しても成功しなくても、それは次のループを回すための単なる情報と捉え、気持ちを切り替えて2回転目を回すことが最後のステップでの重要な考え方です。

PDCAサイクルとの違い

f:id:harequin:20200522001730p:plain

OODAループに似た思考方法にPDCAサイクルがあります。「どちらが優れているか?」という議論がよくありますが、比較されるべきものではありません。なぜならば、この2つが開発された目的は異なるため、それぞれの目的に応じて使い分けるべきものだからです。有名なPDCAサイクルですが、もともとは工場の生産性を高めるために作られた方法になります。つまり工場での生産速度や生産効率といった「決められた工程をいかに低いコストで進め、高い生産性を発揮するか」という課題に対する改善を図るのに最適だとされます。その為、PDCAサイクルは業務改善に最適な方法なのです。その為工程が明確になっていないものに対しては、効果的ではないと言われます。

これに対し、「OODAループ」は、先に述べた「意思決定」をするための方法です。ジョン・ボイド氏が身を置いていた戦場のように、不明確且つ常に変化していく状況で、現状から最善の判断を下し、即座に行動を起こすことが目的です。つまり、PDCAサイクルのような業務改善ではなく、「新たな物事を成功させる」「新たな事業を行う」といった明確な工程のない課題に対して効果的な方法がOODAループとなります。

PDCAサイクルは業務改善といった「どのような方法で(How)」を考えるのに効果があります。ですがOODAループは新規事業や新たな活動といった「何(What)」を考えるのに効果的な方法です。OODAループの使いどころが分かったれば今まで説明してきたOODAループの効果的な活用場面が想像できてきたのではないでしょうか?

まとめ

  1. OODAループは4つのステップ
  2. O:観察をして情報を集める
  3. O:情報を整理して間違えに気づく
  4. D:目標と行動を照らし決定する
  5. A:行動を起こして次のループに繋げる
  6. PDCAサイクルは方法の最適化の為に
  7. OODAループは新たな創造の為に

OODAループは、現代社会のような先の読めない現代において、今手元にある情報から判断し、実行する重要性を示します。OODAループは様々な分野で活用され始めています。これを読んだあなたが、先の読めない状況で何をするべきか悩まれましたら、OODAループを回し始めてみてはいかがでしょうか?