Eat Sleep Play‼︎ クウネルアソブ

幼馴染サークル「クウネルアソブ」のブログです。個々の趣味やサークル活動などなどの雑記ブログです。

【スマホで簡単】特別定額給付金の申請方法【iPhone完全対応】

f:id:harequin:20200520151139p:plain

  この記事を読むことで以下のことがわかります。

  1. オンライン申請対応のスマートフォン
  2. 申請に必要な準備
  3. スマートフォンでのオンライン申請

5月1日から日本に住所を持つ住人一人あたりに一律10万円を給付する「特別定額給付金」のオンライン申請が始まりましたね。順次準備のできた自治体から給付金のオンライン申請受付と給付を開始する形で、順次対応しています。

5月20時点の対応自治体

https://img.myna.go.jp/pdf/kyuhu/kyuhu-online.pdf

 郵送での申請よりもほとんどの自治体が申請が早くできている現状で、私の住む市町村では5月末に郵送申請ですが、すでにオンライン申請はスタートしています。

オンライン申請ではマイナンバーカードや銀行口座の準備が必要であるなど、少し難しいイメージがあります。また、PCでのオンライン申請の場合専用の読み取り機材が必要であったりと早く申請したいのに、申請ができないなどの状態になりがちです。

しかし、スマホを使うことで専用の読み取り機材が不要でマイナンバーカードと通帳を手元に用意するだけで簡単に申請することができます。

対応機種

筆者はiPhone8を使用している為、今回の記事ではiPhoneでの申請方法を主に紹介しますが、ICカードリーダー機能を有している機種であれば可能です。以下公式サイト引用にて対応機種が公開されています。

faq.myna.go.jp

 申請の準備

準備物

  1. 世帯主のマイナンバーカード
  2. マイナンバーカードの暗証番号
  3. 対応するスマートフォン(iPhone 7以降、Androidスマートフォンの対応機種)
  4. 振込先口座確認書類(通帳やカードなど)
  5. マイナポータルAP

マイナポータルAPは以下のリンクからダウンロードできます。

play.google.com

マイナポータルAP

マイナポータルAP

  • 内閣府番号制度担当室
  • ユーティリティ
  • 無料

apps.apple.com

マイナポータルAPの設定

マイナポータルAPを申請時に使用する前にマイナンバーカードとの紐づけが必要になります。

 

インストールしたアプリを起動すると下の図のような画面が表示されます。

まずは「スマホでログイン」を選択してください。

f:id:harequin:20200520155023j:image

 すると下のような画面に変わりますので

「マイナンバーカードの暗証番号」を入力して下さい

内容をよく読み必要事項を記入、チェックをしてf:id:harequin:20200520155140j:image

暗証番号を入力したら次に画面の指示に従ってマイナンバーカードにスマホをかざし、マイナンバーカードを読み取ります。

*注意事項によると金属製のものなどの上でかざすと正しく認識されないことがあるようです。

f:id:harequin:20200520155147j:image

暗証番号とマイナンバーカードが一致すると下のような画面になります。行政などからの通知を行う設定をする場合アドレスを入力する必要があります。

*筆者はどのような連絡がくるのか(例えば正しく申請できているか)の連絡などに使われるかもしれないと思いアドレス入力しました。

f:id:harequin:20200520155213j:image

正しく入力できていたら最後に利用者登録の確認のページに移りますので確認を押して下さい。

f:id:harequin:20200520155223j:image

この画面が表示されればマイナンバーカードとアプリの連携が終了します。

f:id:harequin:20200520155252j:image

以上でマイナポータルAPの設定は終了です。

オンライン申請

ステップ0:特別定額給付金申請のページへ

先ほど設定をした「マイナポータルAP」を起動します。

起動したら「ぴったりサービス」を選択。

f:id:harequin:20200520165339j:image

地域の選択画面になりますので住所を置いている地域の郵便番号または市町村を入力します。

f:id:harequin:20200520165345j:image

検索方法が表示されますので今回申請する特別定額給付金にチェックを入れすすみます。

f:id:harequin:20200520165420j:image

進めると以下のような画面に切り替わりますのでそのまま進めていきます。

f:id:harequin:20200520165437j:image

さらに進めると以下のような画面がポップアップしますが、マイナポータルAPで設定したスマホで申請を進めているのであればそのまま進めていってかまわないので「OK」を選択する。

f:id:harequin:20200520165503j:image

 

その次のページでどこの市町村に特別定額給付金の申請をするのか確認されますので問題なければ次のページに進めていきます。

動作環境の確認

ここにきて動作環境がようやく確認されますが、マイナポータルAPの登録ができ、対応機種であれば問題ありません。

マイナポータルAPの設定はできているのでレ点を入れ、マイナンバーカードと暗証番号の準備をしてレ点をいれて次のページに進みます。

f:id:harequin:20200520165541j:image

f:id:harequin:20200520165602j:image

f:id:harequin:20200520165622j:image

ステップ1:連絡先の入力

電話番号もしくはメールアドレスの入力をします。

特に問題なければ両方を入力します。*片方だけの入力でも可

f:id:harequin:20200520165638j:image

ステップ2:申請者情報入力

先にマイナンバーカードの読み取りを行うと簡単に情報入力されるので、その後に調整するほうが簡単です。

f:id:harequin:20200520165650j:image

f:id:harequin:20200520165720j:image

ステップ3:申請情報の入力

何をどこに申請するのかの確認程度になります。

今回の場合は「特別定額給付金」「申請先の市町村」が表示されていれば問題ありません。

f:id:harequin:20200520165737j:image

ステップ4:入力内容の確認

申請内容と入力内容に問題ないのかを確認します。

あなたが世帯主で、家族の分も申請する場合はしっかり入力できているのかを確認しましょう。

あと少しで入力は終わりです。頑張ってください!

f:id:harequin:20200520165812j:image

ステップ5:添付書類の登録

振込先の銀行口座の入力です。

「ゆうちょ銀行」それ以外の銀行口座かで入力する場所が違うので間違えないように入力しましょう。添付書類はアップロードが必要になります。お手元の銀行口座の名前と口座がわかるような写真を用意しましょう。アップロード可能なファイルの注意書きがありますが、iPhoneの場合はiPhoneのカメラでそのまま撮影したものをアップロードすれば問題ありません。*申請者名義の口座である事を確認ください

f:id:harequin:20200520165823j:image

無事にアップロードができたのであれば以下のようにimage.jpgのようなファイル名が表示されます。

f:id:harequin:20200520165843j:image

ステップ6:添付書類の確認

アップロードした内容で問題なければ確認・同意事項を読み次のページに進みます。

電子署名が必要ですという表示がでますが気にせずに次のページに進んでください。

f:id:harequin:20200520165901j:image

ステップ7:電子署名の付与

最後の難所になります。

マイナンバーカードとマイナンバーカード申請時に登録した6桁~16桁のパスワードを用意してください。最初にマイナポータルAPに登録した4桁のパスワードとは違うのでお気をつけください!

パスワードを入力して、マイナンバーカードにかざして入力正常に登録されたらOKです。

パスワードがわからなくなってしまった場合や、5回以上の入力ミスが行われるとパスワードにロックがかかるので役所に行かないといけなくなるので要注意です!!

f:id:harequin:20200520165916j:image

 

f:id:harequin:20200520165931j:image

ステップ7:送信の実行

ここまでの入力お疲れさまでした。

最後に内容を確認して送信を実施していただければ無事役所に申請書類が送付されます。

最後に申請書類の控えの送信もしくはダウンロードをしておくことで申請不備や後日確認の際に役立つかもしれません。

f:id:harequin:20200520165955j:image

準備さえできていれば10分もかからない

今回事前に準備をしていたことで私の場合申請時間は9分程度となりました。

郵送での申請までに時間があったり、オンライン申請することで早く給付を受け取れる地方自治体があります。マイナンバーカードを作ったけど使用する機会がなかったのならばこの機会にぜひ有効活用をしてください。今後このような給付などのタイミングで簡単に申請や給付の早期化のメリットが受けられるのでこの機会にマイナンバーカードの申請を考えてみたらどうでしょうか?